Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

タイ旅行 東南アジア旅行

【タイ旅行】ワットプートックへの行き方!地上359メートルの岩の上のお寺へ登る【スリル】

更新日:

こんにちは、@nanase_nananaviです♪

今回は、イサーン地方のブンカーンの有名な岩のお寺「Wat Phu Tok / ワットプートック」を紹介したいと思います。別称、Wat Jetiyakhiri/ ワット ジェティヤキリ。

最高の瞑想場所として、知られています。

アンタなら行けるよ!と教えてもらったこのお寺、写真を初めてみて衝撃をうけました。

「!?・・・コレは行くしかない!」

当時(2015年)ラオスにも行ったことがなかったので、たったの2泊3日でバンコクから飛行機でラオスへ、ノンカーイを経てブンカーン県へ行き、ナコンパノムからバンコクへ帰るというルートで挑みました。

ブンカーンの街では、一泊1000円ほどで泊まれるので、宿を取っておくことをオススメします。

>>Agodaでブンカーンのホテルをチェックする

どんなお寺?

どこまでも続くな田園地帯に、大きな岩がドーンとそびえ立っており、その岩全体が壮大なお寺となっています。その高さは、なんと359メートル。7階まで作られており、5階部分には聖堂が2ヵ所あります。

日本一高いビル、大阪の「あべのハルカス」よりもさらに高く、約60階以上の高さなんですって!上まで行って戻ってくるまで、約2時間!

危険な場所での瞑想

この異様な岩を瞑想の場所として、アジャンジュアン/Ajahn Juanという僧が最初に作った。かつてこの場所は、危険なトラやコブラが居る危険な地域であったが、そのような場所で瞑想すると、恐れに打ち勝つ心が鍛えられるとされていた。彼は晩年に、僧が上へ登りやすいようにと木造の橋を作った。

参考サイト(英語):Travelfish.org

地上部分

大きな池と、仏塔があります。

仏塔の側面に掘られている彫刻が、綺麗です。

入り口

ここから、階段を登っていきます。まずは、木々が生い茂る中を進んで行きます。

行き帰りで2時間もかかるので、軽いトレッキングです!ここでは、原則「裸足」にならなければいけません。

下から、見てみると凄い迫力です!どうやって、この橋を作ったんだろう。。。

中階

木造の、ギシギシと音が鳴る渡り橋や階段はコチラ。

いかがでしょうか。。

高さが苦手な人は、カナリ厳しいと思います。手すりを持つにも、ご覧の通り手すりの下はスカスカです!!!

子供も普通に歩いていたりして、見ている私がヒヤヒヤでした。

子供を裸足でおんぶしているお母さん、、、かっこいい!

岩の裂け目

こちらも、幻想的な雰囲気です。涼しく、良い休憩になりました。

突き出た岩

登っていく途中に現れます。ギリギリ先の方まで歩いて座ったりできるので、訪れた人はここで写真を撮っていました。

手すりが全くなく、自然のままの状態なのでスリル満点!!!鳥になったような気分でした♪

居合わせた家族に混ざる私。

自撮り棒を持つ僧侶。

5階

少し外側に飛び出た渡り道があり、端には聖堂があります。

最上階

バタバタと旗が揺れる奥側すべてが、緑でした。空との境界線はぼやけており、まるで天国のよう。今にも恐竜がガオー!と出てきそうなワイルド感があります。

場所と時間

北タイの右上に位置しています。イサーン地方のブンカーン県の奥地に潜んでおります。

入場料などはなく、6:30〜17:00の時間帯で行くことができます。ソンクラーンの時期は、閉まっているそうです。

行き方

ノンカーイのバスターミナルで、ブンカーン行きのミニバンに乗ります。または、ウドンタニーからもバスやミニバンで行く事も可能です。

片道150バーツ、3時間です。

降りたところでトゥクトゥクのおいちゃんに、ミニバン乗り場からワットプートックまでの往復、500バーツでお願いしました。

とても気さくで、良いおっちゃんだったんですが、すぐに事件が起こります。しばらく道なりに走っていると・・・

ガタガタガタ・・・

 

トゥクトゥク故障。

誰も居ない、道の途中で止まる羽目になりましたが、すぐに対応してくれて車を呼んでくれました♪そのまま車で向かいます。クーラーもつけてくれて涼しかった〜

道が真ーっ直ぐで、暑いけど気持ちよかった〜

1枚撮ってくれました。

何も無い道を、数十分ひたすらまっすぐ走ります。

到着しました。結構しっかりした門が迎えてくれます。

お寺での注意点

  • 肌が出過ぎない格好をすること
  • 禁煙
  • 登る際は裸足になる
  • 騒がない
  • カップルでキスやハグなどをしてはいけない

がっつりショートパンツとタンクトップだった私は、持っていた布でスカートのようにして入りました。さすがに裸足は危ないと思ったので、脱ぎませんでした。お坊さんや大人は、みなさん裸足です。現地の人でも靴を履いている人が何人も居ました。

以前、欧米人がお寺のなかでイチャついていた事が問題となり、敷地内でハグなどの愛情表現が禁止になっています。敬意を忘れずに、見学しましょう!

登って降りて疲れ果てたのか、凄い椅子で凄い睡眠をされている方も。。。

ブンカーンからナコンパノムへ

ナコンパノム(バンコクの隣のナコンパトムではありません)の空港へ行きたい、とのことトゥクトゥクのおっちゃんに伝えたら、何にも無い通りで下ろされました。ここで大丈夫か?と少し心配でしたが、しばらくするとバスが来ました。

私がバスに乗るのを見届けてくれたおっちゃんに感謝!

良い哀愁が漂う、レトロなバスの旅での帰路となりました。

Nok Air

お気に入りのタイのLCCです。Nokとはタイ語で「小鳥」の意。この飛行機かわいいですよね〜♪Nok Air はお得なツアーパッケージなどもたくさんあるので、東南アジア旅中は定期的に要チェックです。

HP: https://www.nokair.com/

おわりに

天国と地獄の中間にあるような、どこまでも空に近いお寺を紹介しました。

写真でお察しの通り、木造の渡り橋はギシギシと音を立てます。高さは300メートル以上!私の手や足は、後半につれて疲れもあってかプルプルと震える始末。

橋の幅が極端に細くなっている部分などもあり、相当怖かったです。なんせ1人だったので、万が一落ちちゃったらどうしよう、という事を考えながら登っておりました。

しかし、ここは行く価値ありです!

行くしかない!と気合いが入り、後に引けず、何だか強くなった気がします!笑

この場所を作ってくれてありがとうございます!

達成感とこの壮大な景色は、本当に瞑想に適した場所だなと実感しました。北タイへ行く予定がある方、イサーン方面へも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

ではまた!

>>Agodaでブンカーンのホテルをチェックする

-タイ旅行, 東南アジア旅行
-,

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.