Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

タイ旅行 離島とビーチ

【タイ旅行】離島ランキング10選!ビーチリゾート好きにおすすめ

更新日:

こんにちは@nanase_nananaviです!

今日は、私が今まで行ったこととがあるタイの離島を個人的な分析でレーダーチャートにまとめて、10位〜1位までランキングで並べました。

こちらの5つで表していきます!良ければよいほど10点とし、50点満点で採点してみましたが、1位が38点という辛口評価となりました。笑

サメット島・タオ島・クッド島がTOP3という結果に♪個人的見解ですが、ご参考までにどうぞ!

  • 透明度(高いほど10点)
  • 秘境度(秘境なほど10点)
  • 費用の安さ(低いほど10点)
  • アクセスの良さ(良いほど10点)
  • 人の少なさ(少ないほど10点)

それぞれの良さがあるので、みなさんのの旅プランにあった島が見つかると嬉しいです♪

10位 サムイ島

合計:27点
透明度(7点)

秘境度(4点)
費用の安さ(5点)
アクセスの良さ(5点)
人の少なさ(5点)

バンコクから、飛行機で約1時間半。航空会社は”Bangkok Airways”のみとなっており、チケットは片道約 12,000〜15,000円です。

移動だけで数万円かかってしまいますが、サムイ島の空港はバンコクエアウェイズ専用なので、リゾート空港って感じでテンションが上がります!もちろんラウンジも使えるので、ちょっとした贅沢を味わえます。

ビーチ沿いには、高級リゾートが立ち並び、街は朝まで賑やか。世界中から大人気の観光地です。島には、大型ショッピングモールもあるなど都市化しています。色々な場所を訪れてみたいという方には、レンタルバイクがオススメです。

9位 プーケット島

合計:30点
透明度(8点)

秘境度(6点)
費用の安さ(5点)
アクセスの良さ(7点)
人の少なさ(4点)

言わずとしれた、タイの観光地です。世界中から多くの人がバカンスにやってきます。島は全体的に物価が高く、気をつけていないとボッタクリに会うこともしばしば。

おすすめは、プーケット島の南西エリア。多くの美しいビーチを楽しむことができます。またプーケットオールドタウンも「可愛い」がいっぱいあります。マレーシアのペナン島を思わせる外観のカラフルな古い建物が多くあり、レンタルバイクで巡ると、とても面白いですよ!

プーケット島のビーチについては、こちらで詳しくまとめましたので合わせてどうぞ♩

【タイ旅行】プーケット島の秘境ビーチとビューポイントまとめ。観光なら絶対おすすめ(したくない)

プーケット島を体感できるビューポイントと、オススメの本島のビーチをご紹介します。わざわざ時間とお金をかけて離島へ行かずとも、美しいばしょがたくさんありました。

続きを見る

8位 シミラン諸島

合計:30点
透明度(8点)

秘境度(8点)
費用の安さ(5点)
アクセスの良さ(4点)
人の少なさ(4点)

タイの南西部、カオラックという町からスピードボートで約1時間半ほどで行ける島です。世界中のダイバーが集まると言われているほど、海水の透明度が高く、「天然のプールってこのことか!!!」と感動したことを覚えております。

砂浜も真っ白!この上ない完璧なビーチなのですが、なんせ遠い。。。シミラン諸島へは、ツアーに参加することで行く事ができるので、プライベートボートをお願いしないかぎりは他の観光客と一緒に行動することになります。

よくあるジャンピングショットを撮影していたら、気づかない間に岩で足を豪快に切ってしまい流血祭りとなってしまいましたが、それもいい思い出です笑

シミラン諸島へ着いてから、帰るまで団体行動となるので、場所は秘境ですが人の多さを考えると少しマイナスポイントです。

7位 パンガン諸島

合計:32点
透明度(8点)

秘境度(8点)
費用の安さ(6点)
アクセスの良さ(5点)
人の少なさ(5点)

昔から「フルムーンパーティ」や「ハーフムーンパーティ」また、「ブラックムーンパーティー」など、ムーンが付くレイブパーティが定期的に行われている、パリピな島です。陽気な人で溢れています。

パンガン島は、ヤシの木が生い茂っていて、まるで古代のジャングル。恐竜がひょっこり出てきても驚かないかもしれません笑

おすすめはやっぱりレンタルバイクですね。アップダウンが激しい道なりが続くので、ドライブがとっても楽しいです!いろ〜〜〜んな嫌なことも、不安なことも、吹っ飛びます!!!

6位 リペ島

合計:32点
透明度(9点)

秘境度(8点)
費用の安さ(6点)
アクセスの良さ(5点)
人の少なさ(4点

タイの南部、マレーシアの国境近くのランカウイ島に近いリゾートアイランドです。写真からもおわかりの通り、透明度と秘境感はこの上なし!天国です。日本でもテレビで紹介されていたりと、その知名度は高め。

小さな島で行くには少し時間を要するにも関わらず、ここはタイ?と思ってしまうほど世界中から多くの観光客がやってきます。

ビーチの場所にもよりますが、Sunriseビーチなどメインの場所はホテルも多く、人がたくさんいます。多すぎて疲れるというほどではなく、ほどよいのであまり気にはなりませんが、観光地だなという印象です。

バイクを借りて、少し移動をすると人の居ないビーチもいくつかあります。

かなり遠く、行くには時間がかかりますが、Nok Airのジョイントチケットなどを予め購入しておけば、比較的安く行く事ができます。

詳しくはコチラにまとめています。

【リペ島】安い行き方をお探しなら「Nok Airのジョイントチケット」がオススメ

タイの最後の秘境と呼ばれる「リペ島」への簡単で安い行き方をご紹介します。タイの大手LCC「Nok Air」が発行している、お得なジョイントチケットを利用して行く方法です。半日以上かけて3種類の乗り物に乗ることになります。取得方法から、詳しい行き方を写真付きでまとめます。

続きを見る

5位 クラビ諸島

合計:33点
透明度(8点)

秘境度(7点)
費用の安さ(6点)
アクセスの良さ(7点)
人の少なさ(4点)

バンコクから、飛行機で行くことをおすすめします。約1時間半ほどで到着するので、比較的訪れやすい町です。クラビは街全体が観光地となっており、本島の海も離島の海もどちらも美しい景観です。

大きな岩がまるで海の上に立っているかのような珍しい光景が広がります。洞窟に歩いていけるビーチなどもあり、まるで冒険をしているような気分を味わえますね!

私はテンションが上がりすぎて、カメラを肩にかけたまま入水してしまい、壊してしまいました笑

4位 ラン島

合計:35点
透明度(7点)

秘境度(5点)
費用の安さ(9点)
アクセスの良さ(9点)
人の少なさ(5点)

私は、4年間でラン島へは10回以上行きました。それだけ、バンコクから行きやすい島です。エカマイのバスターミナルから、3時間〜4時間ほどでラン島に着くことができるので、朝早起きをすれば日帰りで遊びに行くこともできます。

パタヤの港から鈍行便で片道40分ほどでいける1番近い島なので、観光客は多いです。しかしパタヤの海とは比べものにならないほど透明な海が広がっています。

上り坂や下りの多い島なので、レンタルバイクで移動すると、とっても楽しいですよ!数時間あればレンタルバイクで島を一周できるほどの大きさです。

ビーチによって、雰囲気が様々であるため、色々巡ってみると楽しいです!何より、丘を下る時の風の幸せ度が半端ないです。「はぁー、生きててよかった。」を感じられます。

よく読まれている記事はコチラ。

【タイ旅行】1000バーツで日帰りラン島!行き方とオススメの遊び方

こんにちは! 月1で海に行きたい@nanase_nananaviです(・∀・) 言わずと知れたタイのリゾートアイランド「ラン島」はバンコクから日帰りで遊べる、パタヤ西方沖の小さな島です。 パタヤシティ ...

続きを見る

3位 クッド島

合計:38点
透明度(10点)

秘境度(9点)
費用の安さ(6点)
アクセスの良さ(4点)
人の少なさ(8点)

船が海に浮かんでいるような写真を見たことがありますか?クッド島へ行けば、体験できますよ!!

バンコクから、約10時間ほどかかりますが、行く価値大です。船酔いがひどい人は大変かと思いますが、人の少なさと島の美しさは息を飲むほどの絶景です。長期滞在がおすすめですね。

2位 タオ島

合計:38点
透明度(9点)

秘境度(9点)
費用の安さ(6点)
アクセスの良さ(5点)
人の少なさ(9点)

近隣の、パンガン島やサムイ島に比べて、バイクで一周できるほどの大きさです。何と言ってもダイビングが盛んな島です。世界中からダイバーが集まります。

またダイビングのライセンスを世界最安で取得することができるので、数週間の滞在でダイバーを目指してやってくる人も多くいます。

美しい海だけでなく、国際色豊かなレストランやバーでクラブパーティーも頻繁に行われていて、我こそは自由人だ!と言わんばかりの人が集まっていて賑やかです。

ちなみに12月〜1月頃は雨季なので、お気を付けて!行った時は、数日間ずっと曇りで残念でしたが、それでも全然綺麗だった!

1位 サメット島

合計:38点
透明度(8点)

秘境度(7点)
費用の安さ(8点)
アクセスの良さ(8点)
人の少なさ(7点)

サメット島は、バンコクからバスで4時間ほどでいけるリゾートアイランドです。

タイ人もよくデートやバカンスで日常的に訪れている島です。バンコクから気軽にいけるビーチで、海水の透明度も高く、砂浜も真っ白。費用を抑えてリゾート気分を味わいたい!という旅人にピッタリの島です。

海の透明度、秘境度、費用、アクセス、人の少なさが全てバランス良く、絶妙です。

2000円ほどで、バス代と船代の往復チケットが購入できるのがポイント。島についてバイクを借りれば、自分の行きたいビーチへ気軽に移動できます。

賑わっているビーチ、静かなビーチと色々と色々と探検できるので、個人的に1番オススメできる楽しい島です!

島の端っこや、途中の丘から見える絶景は、きっと忘れられない思い出になりますよ♪

詳しくは、コチラの記事にまとめています。

サメット島へバスでの行き方とおすすめホテル【バンコクから行ける1番綺麗な海】

バンコクからバスで行ける1番綺麗な海は「サメット島」です。バンコクから片道3時間〜4時間かかりますが、安く泊まりがけでいくなら丁度いいリーズナブルな楽園です。サメット島の魅力を写真と一緒に紹介します♪

続きを見る

おわりに

以上、独断と偏見でタイの10の離島をランキングしてみました。行き先の候補が広がっていただけたら嬉しいです♩

書きながら思いました、やっぱタイいいなって。海、めっちゃあるやんって。結構いったなって。いつもいつも行けるわけじゃないので、全制覇した方はバンコク移住をおすすめします笑

夢物語でもないと思いますよ。リアルな私の4年間の実体験もまとめておりますので、合わせてどうぞ♩

最後まで読んでいただき、コープクンマクマーナカー!

ではまた〜

-タイ旅行, 離島とビーチ
-,

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.