Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

タイ旅行 タイ生活

迷わない!タイ長期滞在ビザ30日延長申請の方法 。半日で取得【保存版】

更新日:

こんにちは、@nanase_nananaviです。

今回は、タイで長期ステイをするための30日延長申請の方法をまとめます。

ビザ申請に近日中に行く予定がある方へ。たった約5時間で!安く!取得する方法を画像つきで説明していきますね。今回はMRTとバスで行ってきました。

30日延長ビザとは?

観光ビザや、就労ビザ、学生ビザなどを取得せず、ビザ無しでタイへ入国した場合、日本のパスポートを持っている人は最大30日の滞在が認められています。

イミグレーションへ行き延長申請を行うと、さらに30日の滞在が認められるため、ノービザで最大60日の滞在が可能になります。

1回の入国につき、1回のみ申請できます。注意すべきは、申請日から30日追加されるのではなく、入国したときに押されたスタンプに記載されてある入国日から30日追加されます。

※2回目も申請できますが、1900バーツで7日間のみです。(2017年10月)

必要なもの

  1. パスポート
  2. 申請代金(1900バーツ)交通費(※BTSMRTやバスで行く場合約200バーツ)
  3. 青いボールペン※青はタイの公式の色
  4. パスポートのコピー
  5. 6×4㎝の顔写真1枚

4,5は当日、イミグレーションで用意できます。写真&コピー代(104バーツ)早めに行って作りましょう。

トータルでいくらくらいかかるの?

申請代、交通費、顔写真とコピー代、ご飯代ちょっと。
BTS
MRT、バスで行くと、駅までのバイクタクシーなどを含め交通費は往復で約200バーツ。

全部で2300バーツほどでしょうか。約7500円ですね。

タクシーで往復すると、高速道路料金など含め約500バーツかかるので、その差300バーツ。朝は涼しいので早起きして、せっかくならばローカルバスでゆっくり行ってみてはいかがでしょうか。

タクシーで行く場合

運転手にジェーンワッタナ ソイ ジェッ』と伝えてみましょう。ジェーン ワッターナというところの7の通りにあります。

イミグレーションと言っても伝わりません、一般のタイ人はイミグレのことをトーモーと言います。

イミグレーションまでの行き方

方法はいくつかあります。どちらにせよ早起きして行きましょう。

帰り道、夕方以降は渋滞します。できれば月曜から木曜の午前中がベスト。金曜は人が多く、何時間も待たなければならないかもしれないので、避けた方が無難でしょう。

BTSMRT、バスを利用する

BTS(スカイトレイン)、MRT(地下鉄)、ARL(エアポートレールリンク)の運行時間は、朝の5時台からあります。6時頃だと、間違いなく乗れるでしょう。

BTSスクンビット線は始発駅(モーチット駅~サムロン駅)を朝5:15出発、シーロム線は始発駅 (ナショナルスタジアム駅~バンワー駅)を朝5:30』『MRTには時刻表はなく、朝6時ごろから夜12時ごろまで運行』『ARLも同様に朝6:02から夜0:02まで運行』

チャトチャックがあるモーチット駅で降りる

  • BTS:モーチット駅 / 3番出口
  • MRT:チャトチャックパーク駅/ 2番出口

降りて、少し北の方のバス停へ歩いて行きます。

イミグレーション付近まで行く、52番のバスに乗ります。8時45分に到着して、5分くらい待つとバスが来ました。数十分待っていれば、バスは来ます。

バスで30分、イミグレーションへ

窓全開のバスに乗り込むと、料金徴収のおばちゃんがやって来ます。9バーツを支払いましょう。

チケット小さくて可愛い~♪

バスはしばらく北に進み、線路を越えたら大きく左へ曲がります。するとオレンジ色のCATという会社の建物が見えてきます。

ここで降りますよ!

このバス停で降りる人がたくさんいました。その人達に続いて、西の方面へ少し歩きます。

この看板を左に曲がると、バイクタクシーの乗り場があります。

バイクタクシーに乗る

バイクタクシーは行き先を知っていますので、「ビーザー」だけでも伝わります。無料のシャトルバスもありますが、少し待たなければいけません。

早く行きたかったのでバイクタクシーで爽快に向かいました。片道20バーツです。

ヤーク   パイ     トーモー       カー/カップ (イミグレーションに行きたいです。※カーは女性、カップは男性)
~したい        行く      イミグレーション      です

行く先は、Building B Gateです。ついたら20バーツを支払い、館内に入りましょう。


こちらが入り口です。

中に入ると手荷物検査があり、名前と電話番号と入館時間の記載を求められます。

ビザ申請のやり方

顔写真とパスポートのコピーが先

一階へ下りて、コピーをしてくれる店に行きます。数十分で簡単にできます。館内右側の方は、後ほど行く申請所の入り口です。

真ん中は、広~いです。ここでタイ料理フェアなど、たまにやってます。近くにエスカレーターがあるので下りましょう。

降りると、看板があります。矢印にそって、奥の方へ行きます。

PHOTO and COPYのお店はいくつかありますが、どこも値段はさほど変わらないようです。

写真代100バーツ、コピー代2枚で4バーツです。

今回は右の青い方の店で作りました。問題なしです。

入ると「フォト?」と聞かれるので、「カー」と言うだけ。パスポートを預け数分待って、案内される椅子に座り、写真を撮られてまた数分待って、できあがりです。

パスポートのコピーには、2枚ともに青いボールペンでサインをしておきましょう。

IMMIGRATION DIVISION 1 へ行く

入って右側にある受付で、申請用紙をもらいます。受付で「30days」と言えば伝わります。TM7と書いてある机に、こちらが貼ってありますのでこの通りに書きましょう。

机の上にノリもあるので、写真を貼ります。

2枚目の最後に、電話番号も書いておきます。

整理券をもらい、待機

記入ができたら、奥の部屋へ進みます。
ここにも、カウンターがあるので書類を提出します。

30日延長ビザの場合、K1の26番27番の場所で待機です。(2017年)

このカウンターの右奥の方へ移動し、近くの椅子で座って待ちます。

名前が呼ばれて、中へ入ります。申請書とパスポートを渡します。数分ほど書類のチェックが入ります。

いきなり「オカネ!センキュウヒャクバー!」と言われたので、オカネ1900バーツを渡しました。そして、外を指さしながら「チョットマッテ!」とのこと、外で再び待機です。

それから40分ほど待ちました。名前を呼ばれ、パスポートの確認です。おつり100バーツと領収証を受け取ります。問題がなければ、ここで手続き終了です。

9時20分ころに入館し、10時55分ころに終了しました。
所要時間は約1時間半でした。

帰り方

GATE2の出入り口に、バイタク(バイクタクシー)が待機しています。来たときと同様、敷地入り口まで20バーツで連れて行ってもらいます。

「入り口」はタイ語で「ターンカオ」です。バイタクに伝えます。

道路の反対側に行きたいので、この歩道橋を渡ります。

歩道橋をおりた所に、バス停があります。

ここで、約20分ほど待ちました。バスが来ません!!!4月の真っ昼間は暑い!!!

ロットゥで帰る

乗り合いのバン(ロットゥー)が来たので、モーチット駅まで行くかどうか聞きます。行きたい場所に行かない場合もあるので、乗る前に聞く方が安心。

パイ  モーチッ  マイ カー/カップ? (モーチットまで行きますか?)
行く     モーチット       ますか?

す、すずしい!!!

行きのバスはクーラー無しでしたが、午前中だったので暑さは感じませんでした。しかし!イミグレーションからの帰りは、真っ昼間。暑すぎっ!この日はロットゥーで帰れてよかったです。モーチット駅まで25バーツでした。

お疲れ様でした~!

それでは素敵なタイの旅を!

マレーシアのクアラルンプールでも取得できます。

【タイの観光ビザ】マレーシア・クアラルンプールで取得方法

2017年5月にマレーシアへ旅行した際、タイの観光ビザも取得してきました。今回はシングルエントリー60日の取得方法、電車やバスでの行き方についてまとめます。

続きを見る

ではまた〜

-タイ旅行, タイ生活
-

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.