Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

あるあるネタ タイ旅行

【あるある】タイに関するよくある誤解を考察してみた。

更新日:

こんにちは、@nanase_nananaviです。

今朝、このようなツイートを見かけました。

こちらは、タイに16年住んでいらっしゃるnisizawaさん(@nishizawa)さんのツイートです。とても反響があり、私も「確かにー!」と思う事が多々ありましたので、私なりに考察させていただきます。

人と会ったら合掌(ワイ)

2014年、タイに来て一週間のワイ(私)

手を合わせるタイの独特な挨拶がありますよね、タイでは「ワイ」と言います。タイのマックでは、ドナルドも合掌しています。

確かに、タイに行く前までは挨拶をするときには、日本のお辞儀や会釈と同じように人と会うときは「合掌」をすることが文化だと勝手に思っておりました。

実際のところ、フォーマルな場合でしか使われませんね。または、きちんと敬意を表したい場合です。立場的に上の人に、「サワディー」する時はみんな手を合わせています。

手を蓮の花のつぼみのように、かるく膨らませて胸の上のほうで合わせ、中指を軽く自分の鼻につけて軽く頭を下げるのが正しいとされています。人が合掌している姿は、いつ見ても美しいです。

微笑みの国タイランド

昔から、「タイには13つの笑顔がある」と言われています。その13つはどういうものか調べてみると。

①《イム・ターン・ナムター》=「とっても幸せ、だから泣いている」
②《イム・タック・ターイ》=あまりよく知らない人への丁寧なほほえみ。
③《イム・チューンチョム》=「あなたはすばらしい」といった類のほほえみ。
④《ファン・イム》=「冗談が面白くなくても笑わなければいけない」類の作り笑い。
⑤《イム・ミー・レッサナイ》=心の中にある悪意を隠すほほえみ。
⑥《イム・ヨー》=からかい、または「だからそういったでしょ」
⑦《イム・イエーイエー》=「事の善悪はわかっている。でも覆水盆に返らずだから、嘆いても仕方がないでしょ」
⑧《イム・サオ》=悲しみを表すほほえみ。
⑨《イム・ヘン》=「トライ」なほほえみ。「あなたに借金しているのは分かっているが、返すお金がない」
⑩《イム・タック・ターン》=「あなたの意見には賛同できない」あるいは、「どうぞ提案してください。でもあなたの考えはよくない」
⑪《イム・チュアチュアン》=「私の勝ちだ」敗者に向けてなされる。
⑫《イム・スー》=「勝ち目のない闘いに直面したとき」
⑬《イム・マイオーク》=「笑おうとするけれど顔がこわばってしまう」

参考:知識連鎖さん

こちらを読むと、13の微笑みの内容は意外とネガティブで、本心とは異なる言葉で表向きの良さを作り出す京都の人のような感じがしましたが、実際のところ「ニコニコ」しているタイ人は多いかと思います。

タイ人は「嫌われる」ことや「怒られる」事が苦手で、争いを避け平和を保とうとする日本人的な心もあるのかな、と感じます。

マイペンライ(大丈夫)」というお国柄を一言であらわせる便利な言葉もありますが、タイは暑い国ですし大らかで細かいことは気にしない、ちょっと雑だけど愛される「O型タイプ」のような人は、確かに多いです。

なので、私も移住しました笑

色黒の人が多い

小さい頃からずーっと夏で、冬がない国ですからそりゃ色が黒い人が多いです。日本と同様、タイ人も「色白が美しい」とされています。

しかし、色白で綺麗なタイ人もいることも事実です。有名人はもちろん、一般女性でスキンケアを大切にしている方はとても白い肌を保っていて、日傘などさしてお上品です。

こちらの記事にも書いています。

【あるある】タイ人女性の驚きの美的センス13選

こんにちは〜@nanase_nananaviです。 今日は、タイ人女性についての記事を書こうと思います。 みなさんは、どのようなイメージを持っていますか? スレンダー美人?色黒?笑顔が素敵? タイへ行 ...

続きを見る

食べ物が激辛

激辛ソムタム

私が初めて食べたタイ料理は、忘れもしませんあの「グリーンカレー」です。日本のタイ料理店で挑戦したのですが、それはそれは「鬼辛」でした。目の前がクラクラしたことを覚えています笑

それからというもの、アジアの料理は辛い!というイメージをずっと持っていました。しかし移住してから、「あれ全然辛くないじゃん!」という料理をたくさん発見しました。タイでは、食生活には何不自由なく暮らせます。

ちょっと多いですが、辛くない料理についてもまとめております。

【タイ料理】辛さが苦手な人にオススメな辛くないタイ料理17選

タイ料理って、辛い物ばかりではないんですよ!辛さがそこまで得意じゃない私が、いつもオーダーをする「辛くないタイ料理」を17つご紹介します。タイで見つけたら、ぜひ食べてみてください♪

続きを見る

象が道を歩いている

2012年はじめてのチェンマイ(金髪はもう絶対しない)

どんだけ昔の話やねん!という感じですが、2012年に初めてチェンマイへ行ったときは「芸をする赤ちゃん象」は道を歩いていました。ストリートでバリバリ働かされいる象さん。

可愛かった〜♪足をクロスさせてお辞儀してくれたのを覚えています。

2008年ごろは、バンコクのスクンビットに象が普通に歩いていたって本当!?

LGBT率が高い

これは断言できます。多いです。

在住時に仲良くしてくれていたタイ人の美人な女の子は、女性が好きでした。私は友達として遊んでいましたが、元カノの話や今カレ(元女性)の話などが楽しくて、色々根掘り葉掘り聞いたことがあります。

ジェンダーレスな愛が、オープンに認められている国は個人的には好きです。弟がゲイだ、という話や、デパートの化粧品売り場で美しい男性が働いていたり、男っぽい格好や振る舞いをする女性も多くいます。

タイで生活していると、このLGBTについては良い意味で当たり前となり何も不自然なことだとは思わないようになっています。

暑い

タイは、ずーっと暑いです。20度以下になると、寒いから気をつけてねという注意報が出るくらいです。

でも@nisizawaさんがおっしゃるとおり、私もタイの方が日本の夏より過ごしやすいと感じます。今年になって日本へ帰ってきましたが、猛暑すぎて辛いです。ウロチョロするのが大好きな私も、出不精となり引きこもり率が高くなってきております。

日本の「蒸し蒸し」「ベタベタ」は、本当にしんどいですよね。

ただし、タイの真夏4〜5月に関しては日中が40度以上になるところも多くあるので、この期間にお出かけの場合は熱中症対策をお忘れ無く!

【タイ旅行】安い時期はいつ?ベストシーズンは?タイの気候まとめ

こんにちは! 日焼けしたら、ベトナム人にまでタイ人ですか?と聞かれた@nanase_nananaviです(・∀・) みなさんご存じの通り、タイは年間の平均気温は30度ほどで、高温多湿の南国です。ずーっ ...

続きを見る

おわりに

以上、私なりに「タイの誤解あるある」について考察させていただきました。

やっぱり、タイ好きだなあ。昔のインスタを見返しながら、しみじみ思い出にふけっております。

ではまた!

やばすぎ♡

>>トリップアドバイザーでバンコクの最安ホテルをチェックしてみる

-あるあるネタ, タイ旅行
-

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.