Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

写真学 撮影のコツ

【基礎】一眼レフのマニュアル撮影が苦手な人にオススメしたい3つのコツ

投稿日:

こんにちは、@nanase_nananaviです。

今日は、一眼レフのマニュアルで撮影で「もっとこうしたい!でもどうしたらいいんだろう」とお悩みの方におすすめな3つのコツを紹介いたします。今回は、撮影のレベルを一段ぐっと上げたい人の為の内容です。

私は何となく撮っていた時期が長かったのですが、あるとき具体的な目的を持って撮るようにすることでマニュアル設定がスンナリとできるようになったと感じています。

あなたもこの3つさえ意識しておけば、イメージ通りの写真が撮れるようになります!

目次

  1. メインとなる「主題」を決める
  2. サブメインとなる「背景」を決める
  3. 印象を決める「明るさ」を決める

①メインとなる主題を決める

主題こそが、写真の肝です。「何を伝えたいか」が重要であり、それが写真の軸となります。

同じ被写体を撮っても、人によって作品のテイストが違いますよね。なぜなら、その被写体のとらえ方と表現の仕方が違うからです。

写真には、正解なんてものは絶対ないと断言できます。多くの人々が思う「良い写真」において、それはなぜ「良い」と感じられるのでしょうか。

人の心に訴えかける」写真は、とてもエネルギーがあります。被写体のパワーを撮影者が感じとり、そこに撮影者のエネルギーも加わり相乗効果を生まれ、「人の心を動かす」写真になり得ると信じております。

②サブメインとなる「背景」を決める

主題を生かすも殺すも、この「サブメイン」である「背景」によるものが大きいです。

たとえば、料理の写真で真上から料理だけを撮る、または少し横側からとって部屋の雰囲気も入れるという場合では、できあがる写真は全然違います。

また、シンプルな壁の前やスタジオ撮影であれば、背景の印象は薄くなりメインの被写体が強調されます。なので、見た人の被写体への視線を逃すことはありません。

旅行の写真であれば、背景ありきの被写体でなければいけないのに、被写体を大きく写し過ぎてしまうと、一体これはどこでとった写真なんだろう?と分からないですよね。

③印象を「明るさ」を決める

明るさによって、印象が大きく変わります。また、フラッシュ撮影をするかどうかによっても写真のテイストをコントロールすることができます。

露出で明るさを作る

ここで重要なことは、その撮影場所でどれくらいの「ISO値」が丁度良い明るさになるかということを把握しておかなければ、本番になって素早く設定することができません。

ISO感度については、こちらの記事をご覧下さい。

【基礎】ISOとは?→カメラが光を感じ捉える能力のこと。

撮影において、絶対かかせない「ISO感度」について解説します。状況によって、ISO値の目安を把握しておくと、画質の劣化が少ないイメージに近い写真が撮れます。

続きを見る

ポイントとしては、場所変わるごとにカラ撮りをして、明るさを毎回チェックすることを癖にしておくといいと思います。また、どれくらいの「ボケ感」が欲しいのかという所までイメージしておくと、ボケ感に合わせた明るさの調整の腕が上がります。

スピードライトを使って、明るさを統一する

フラッシュ撮影をすると明るい場所でも、暗い場所でも被写体の明るさが一定になります。室内での撮影や、逆光の時などうまく使うと背景と被写体の明るさにバランスがとれて、とても綺麗な写真になります。

自然光で撮るような、やわらかさは損なわれますが「被写体の影が無くなる」ので、肉眼で見るよりも綺麗に写ります。スポットライトを浴びせた人が、強調され輝いて見えるのはこの理由からです。

おわりに

マニュアル撮影でイメージ通りの写真を撮るためのコツを3つ挙げてみました。

何よりも意識が大事です。意識を具体的にイメージに近づけると目的が決まるので、それに合わせて手元の設定をどのようにしたらいいのかが分かるようになります。

マニュアルは難しいという概念は取っ払っちゃいましょう!

ではまた〜

-写真学, 撮影のコツ
-

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.