Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

買って良かった物 道具と機材

【最強のミニ三脚】ManfrottoのPIXIが凄い。重めのカメラもスマホもGoProも使える

投稿日:

こんにちは、@nanase_nananaviです。

今日は、超便利なManfrottoのミニ三脚をご紹介します。

Manfrottoの大ヒット商品です!

あのバイリンガールも首からかけているカメラに付けていました♪ 旅中では最強の相棒になること間違いなし!

それでは早速、この三脚の特徴と種類の説明に加えて、1年以上使ってみた感想を述べます。

特徴

1Kgのカメラでも安定する

小さいのに安定感が半端無く、素晴らしいです。約1年間、あらゆる場面(室内、ビーチ、岩の上、橋の上など)で使いましたが、接触部分がゆるんだり、グラグラしてきたりということは、まだありません。

私のフルサイズカメラは、NIKOND750です。重さはなんと、1.45キロ!!!

このくらい傾けても・・・

大丈夫!

ですが、最大耐荷重1キロとありますので、長時間1kg以上の重さがあるカメラを乗せることは避けた方がよさそうです。

メモ
傾きを変えるときは、頭部分の赤いマンフロットのロゴがあるポッチを押すことで、上の台がスルスルと回転して撮影方向を微調整できます。

カメラに付けっぱなしで運べる

ギュッと真ん中にたたむと、手でつかんで自撮り棒のように使うこともできます。こちらは自撮り棒のような長さはありませんが、足が長いタイプは後ほどご紹介します。

カメラやiPhoneにつけっぱなしでも、邪魔にならないので便利です。そのまま収納しておくこともできますし、何よりこの「持ったときのフィット感」が素晴らしい。これはヒットするなという感覚です。

アダプターでスマホやゴープロも使える

セットでも販売されていますし、アダプター単品でも購入可能です。

つけてみましょう。

背面と側面に取り付け穴があるので、iPhoneは縦でも横でも装着できます。

ラバーパットで、不安定な場所でもずれにくい

地面との接触部分を含めて、表面はゴムで作られているので、ずれたりせずしっかりと安定します。石の上などの少し丸みがあるような場所でも大丈夫でした。

絶妙なバランスで、このような不自然な形でも安定しています。しかもボディの手触りはサラサラとして高級感ありです。

どういう時に使える?

  • 固定させなければ撮ることが難しい時(夜景、長時間撮影など)
  • 自撮り棒のように使える
  • 室内はもちろん、アウトドアの不安定な場所で

使ってみて感じるデメリット

まず、白は確実に汚れます!黒にしておけばよかった、と後悔しております。

もうひとつは、足が少し短すぎるかな、と感じました。安定感を得る為に丁度良い低さなのかもしれませんが、撮影の際は少しローアングルになりがちです。

重いカメラだと、下向きの方の撮影は少し難しいと感じました。1kg以下の小ぶりなカメラだと、問題なく使用できます。

新型「PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚」であれば、足の長さが変わります。

自撮りなどでは、長さがあるほうが使いやすいですが、すこし安定感に欠けるとのこと情報があったので、新型PIXI EVOについての詳細はこの動画が分かりやすかったです。

種類

色は全て、3種類あります。

「ブラック・レッド・ホワイト」

①PIXI ミニ三脚

②PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚

③PIXI Smart(PIXI+スマートフォンアダプター)

④PIXI Xtreme(PIXI+GoPro® アダプター)

公式HP:https://www.manfrotto.jp/products/photo-tripods/mini-tripods

おわりに

以上、写真好きな私が愛してやまないManfrotto社の大ヒット商品「Pixi」をご紹介しました。

自撮りはもちろん、固定しなければ撮ることが難しい「夜景」であったり「長時間撮影」である場合は、本当に役に立つ優れものです。

ではまた!

-買って良かった物, 道具と機材
-

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.