Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

マレーシア 東南アジア旅行

【マレーシア旅行】クアラルンプール市内散策と隠れカフェ

更新日:

こんにちは、@nanase_nananavi です。

クアラルンプールの中心の街を、朝から夕方まで散策してきました。

暑い国、ムスリムの国、ツインタワーなどのイメージがありますよね。イスラム文化を体感できる見所を、いくつかご紹介します。

駅の近く

ペトロナスツインタワー

こちらはセントラル駅からKLCC駅まで2.4リンギット(19バーツ/65円)で15分で行くことができます。

KLCC公園方面へ、歩いて行きます。セリアKLCCというデパートを通って行くこともできます。ISETANや紀伊國屋書店も入っています。

 

片方のタワー1は日本が、タワー2は韓国が建設しています。41階と42階部分の連絡橋や、その倍の高さ88階の展望階へ行くことができます。高さはなんと452メートル!ツインタワーとしては世界一の高さだそうです。オフィスビルとして使われています。

展望階へ行くには、チケットを買わなければいけません。朝9時〜夜8時15分まで。
直接カウンターで並んで買うことも出来ますが、オンラインで購入しておくことをおすすめします。

チケット購入サイト

オンラインでの購入は24時間前までです!入場する本人のクレジットカードで支払いをしなければいけません。払い戻しやキャンセルはできません。

料金

  • 大人85リンギット(670バーツ/2300円)
  • 12歳以下の子供35リンギット(275バーツ/945円)
  • 3歳以下の子供は無料

Merdeka Square

 

KLセントラル駅から北へ、2つ隣の駅、Masjid Jamek駅から、歩いて行けます。とても綺麗に整備された広場があり、道路をはさんで反対側にはマレーシアらしい時計塔が壮大な「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(旧連邦事務局ビル)」があります。ヤシの木とのバランスがよく、美しい通りです。

昼も綺麗ですが、夜はさらにライトアップされるので写真をとるにはもってこいの場所です。

Masjid Jamek Sultan Abdul Samad

駅の近くには、駅名でもあるMasjid Jamek Sultan Abdul Samadという、クアラルンプールで最初に作られた大きなモスクがあります。

こちらは、ムスリムの人しか中へ入ることができません。一般の人は外側から写真だけ撮ることができます。

 

 

道路や、歩道などゴミなどはなく綺麗にされていますが、アスファルトが所々ぼこぼこしていて工事をしている場所が多くて、ちょっと歩きにくかったです。

男性用の帽子が売られていました。白い帽子は、メッカを巡礼した人がかぶるのだそうです。その他の色はマレーシアやインドネシアの民族衣装だとか。

Kuala Lumpur City Gallery

先ほどの広場の南側の方にあります。館内は涼しく、クアラルンプールの資料館になっています。入館料は5リンギット(39バーツ/135円)。

カフェも入っているので、ランチ休憩もできます。お土産もここで買えますよ。シティーギャラリー入り口付近に、地下プラザへの階段がありました。公園の下に作られています。

開館時間と場所

  • 月曜〜日曜 9:00〜18:30
  • HP: http://klcitygallery.com

隠れカフェ&レストラン  The Canteen by Chef Adu

このカフェ、とっっても良かったです!!!

シティギャラリーから徒歩5分ほどの場所に、織物博物館(National Textile Museum)があります。この博物館は無料で見学できます。

その出口ふきんに、そのカフェの入り口を発見しました。

 

ADUさんという有名なシェフのお店だそうです。こちらの方。

 

雰囲気ばつぐんです。家具がとってもお洒落。

 

マレーシアの伝統的な料理、ナシレマ(nasi lemak)をオーダー。値段はとってもリーズナブル。たったの4リンギット(31バーツ/108円)

ココナッツミルクで炊いたご飯と、ソースやおかずがバナナの皮に包まれています。良い香りです♡

 

イカンビリス(小魚)と甘辛のサンバルと呼ばれるエビチリ味噌、ピーナッツ、キュウリ、ゆで卵などが入っています。

 

牛肉煮込みもオーダーしました。めっっっちゃ美味しかった!!!さすが有名シェフのお店〜。こちらは6リンギット(47バーツ/162円)

 

レトロなラベルのジュースがありました。

 

1910年から!?気になるので一番左のヨシリン?を1本買って飲んでみたんですが、飴を溶かしたような味でした。

ラベルだけ取って、中身は。。。(笑)

営業時間と場所

織物博物館(National Textile Museum)

 

織物博物館のことも少し書いておきますね(笑)

こちらは、受け付けで名前だけ記載すれば無料で入ることが出来ました。昔ながらの織物の織り方や道具などが紹介されています。

マネキンがリアルなので、ちょっと薄暗い通路はちょっと怖かったです。。

 

独特なエスニック刺繍がとても綺麗でした!

 

開館時間と場所

  • 月曜〜日曜 9:00〜18:00
  • Tel: +60 3-2694 3457

 

この辺りは、パパッと散策できるのでまとめて行ってみて下さい♪

他にどんな見所があるの?という方は、現地ツアーも参考にしてみてください。

゜:*★マレーシアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

-マレーシア, 東南アジア旅行
-,

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.