Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

タイ旅行 タイ生活 東南アジア旅行

バンコクでGrabタクシーをオススメしない理由とUberとの違い【タイ旅行】

更新日:

こんにちは、@nanase_nananaviです。

今回は、タイで東南アジアのタクシー配車アプリ「Grab Taxi」を使ってみた感想を書きます。3度利用したことがありますが、残念ながら実体はよろしいものではありませんでした。

バンコクでは電話でドライバーと会話にならず、待たされたあげく来ない。パタヤでは、ドライバーと目があい手を振って合図をするも素通りされて、あちら側からキャンセルされたこともありました。

タイでGrabタクシーを利用予定であれば、私は、個人的に断然uberをオススメします。

追記

現在、東南アジアのUberはGrabに統合されています。(2018年 3月)ドライバーが英語を話せるようになっており、Grabタクシーのサービスは向上しているように見えて、一方以下のような情報もいただきました。

流しでも配車サービスでも嫌な思いをするかどうかは「運」によるところもあるかもしれません。uberがもう東南アジアで使えないなんて、残念です。

Grabタクシーとは

アジア諸国で展開しているタクシー配車アプリです。以前は、マレーシアでMy Texiとして始まったサービスです。シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、カンボジア、ベトナム、フィリピン、ミャンマーの主要都市で利用できます。

Grab - Ride Hailing App

Grab - Ride Hailing App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

HP : https://www.grab.com/th/en/

タイのGrab Taxiについて

Grab Taxiに登録したタクシーで運転手が全員、ちゃんと英語を話せる気の効く人というわけではないようです。普通の運転手、普通のタクシーです。現金払いですので、アジアあるあるの「おつりが無い」という面倒くさい状況にもなりかねません。

基本的に、運転手からタイ語で電話がかかってきます。「いまどこだ?」と。旅行者にとっては使いづらいのでは、と思いました。

マレーシアでは手数料は2リンギット。タイでは手数料は35バーツ。私がタイで利用したタクシーは、手数料に見合うサービスではないと感じました。

タイのGrabTaxiの問題点

  • ドライバーが英語を話せない
  • 現金のみ
  • すぐ来ない
  • 長時間待つ時もある
  • 乗車拒否あり
  • おつりが無いこともある

Uber Taxiとは

アメリカから始まった配車サービスで、今では世界各国で利用できます。UBERに登録された一般車で送迎してくれます。

Uber

Uber

Uber Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

 

アプリ内の地図上で車が向かって来ているのが分かるので、その車のナンバーを把握しておけば、車が到着する時はすぐに見つけられます。電話で位置確認などは特にしませんでした。

ドライバーさんとはわかりやすい英語で会話ができますし、何より行き先を口頭で伝える必要がなく、時間と料金を事前に把握できるので安心です。アプリが無くてもGoogleマップから、車を呼ぶ事もできます。

支払いはその場で現金はもちろん、カード払いも可能です。事前に、アプリにカード情報を登録しておかなければいけません。

タイやマレーシアではUberがオススメ。

なぜ、Uberの運転手の方がが親切で英語も話せるのでしょう?

理由は明確です。彼らは、メインの仕事を持っており、単純に客とのやりとりが分かっている一般の人達です。空いた時間に、自家用車を利用してお小遣いを稼ぐ「副業」をしています。個人の評価に繋がるので、利用した人はとても丁寧な接客をしてくれる印象を受けると思います。(利用者は、アプリ上で利用後にドライバーを評価します。)

荷物が多い時は、タクシーをつかまえるために通りまで炎天下のなか移動するのも大変ですよね。uberは、指定した場所までちゃんと来てくれるので便利です。

また、ちょっと説明しずらい場所へ行くときなども便利です。地図上で指定すればいいだけですので。

・料金

利用する時間帯にもよりますが、通常のタクシーが200バーツで行くところ、400バーツ〜500バーツと約倍以上の料金になります。

日本を含めた先進国では、比較的割高で高級な場合も多く、国によって料金は様々です。

・プロモーションコード

maspwr

登録時に、このコードを入力すると無料乗車券(初回の乗車が無料)がもらえますよ♪

おわりに

「乗車拒否」なんて日本じゃ考えられないですよね。それだけではなく「メーターを改造」「目的地に行かない」「おつりが無い」なんてことは、東南アジアの通常タクシーでは当たり前の事です。タクシーのみで生計を立てている人々は、「自分優先」であることが多い気がします。

東南アジアで安心できるサービスを求める場合は、英語が話せて無駄なお金のやりとりをしなくていいUberをオススメいたします。

追記

※現在、東南アジアのUberはGrabに統合されています。(2018年 3月)

バンコクでまだ宿が決まっていない方は、コチラから最安値をさがせますよ!私の1番のお気に入りのBookking.comなどの世界中の予約サイトから一括して検索!

-タイ旅行, タイ生活, 東南アジア旅行
-,

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.