Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

バンコクから日帰り旅行

【タイ旅行】観光の定番ダムヌンサドゥアック水上マーケットへ!ツアーを利用?自力で?

更新日:

こんにちは!

観光ツアーは出来るだけ利用したくない @nanase_nananavi です笑

バンコクへ行くなら水上マーケットへ行きたい!

と一度は思いますよね(・∀・)

私はタイ在住4年目にして、初めて行ってきました笑

現地で思った事を記録しておきたいと思います。賛否両論あると思いますが、私の感想ですので悪しからず。。

近々、水上マーケットへ行く予定がある方の参考になればと思います。

やっぱり行っておくべき?どんな感じなの?

旅行誌には、必ずといって良いほど、タイの水上マーケットが紹介されていますね。150年ほど前から続く、タイの伝統文化のひとつです。

初めて水上マーケットへ行ってみて、もちろん感動した部分もありましたが正直「疲れました」。

観光する際、覚えておくべき要点は3つ!

メモ

  • 賑わっている中心の市場の水路脇に通路があって、ボートに乗らずとも陸からでも水上マーケットは十分観光できる。
  • ぼったくり乗り場で下ろされても、徒歩かソンテウ、バイクタクシーを利用してメインの入り口へ。
  • 高いお土産や食べ物は買うべからず!バンコクで楽しむべし。

メリットとデメリットをまとめてみます。

※これはダムヌンサドゥアック水上マーケットに関しての感想です。アンパワー水上マーケットのことではありません。

メリット

  • (タイが初めてであれば)全てが新鮮で感動がある
  • タイを良くも悪くもありのままを見学できる
  • ココナッツアイス(60B) が美味しい(40Bで買えます)
  • バンコクでは撮れない写真が撮れる
  • 朝の風が心地良い
  • 休日がない

デメリット

  • 朝から昼まで(7時〜12時)のみの営業
  • ぼったくりする気満々で、話しかけてくるタイ人に疲れる
  • 物を売ろうとしつこく、嘘っぽい笑顔に疲れる
  • 値段交渉に疲れる
  • 買いたくもないお土産ものを無理矢理見させられて疲れる
  • 川が汚い、ちょっと臭い
  • コスパが悪すぎる

タクシーでダムヌンサドゥアック水上マーケットへ向かう

私の体験を述べていきます。これから行こうと考えている読者様も、同じようにして連れて行かれてしまう可能性もあるので、参考までに読み進めてください。

道中のタクシードライバーとのやりとり

今回は、3人で行きました。

南バスターミナルから、現地までバスを利用して行く予定でしたが、朝7時半頃に南バスターミナルへ行くタクシーに乗り込んだところ、「このまま直接水上マーケットまでいかないか?」と提案がありました。

ドライバーは最初「往復1000バーツ」と申し出ます。しかし私たちは、ちょっと高いのではないか?と思い、「メーターでは片道いくら?」と聞いたところ、ドライバーは「だいたい500〜600くらい」とのこと。

であれば、片道だけタクシーで行って、帰りはバンに乗ろうということになり、メーターで行くことになりました。

通常1時間半ほどかかる道のりを、ドライバーは1時間で行けると言い張る。

バンコクの街中から南バスターミナルへ行くのに、約200バーツかかります。水上マーケット行きの乗り合いバンは1人あたり80バーツなので、片道500バーツなら3人で割に合うと思ったのですが・・・。

現地に着いた時は、メーターはなんと850バーツ。ドライバーが言うことに期待してはダメだな、と反省しました。ドライバーもここまで高くなることを予想していなかったのでしょう。

結局、往復1500バーツということになりました。

ダムヌンサドゥアック水上マーケット入り口?に到着

到着して、とりあえず一安心。と思いきや、地図上で場所を確認しても「あれ?」なんか場所違うんじゃないか?と不安に。ネットで調べていた入り口の風景ではなかったのです。

タクシーを降りるやいなや、ボート乗り場のスタッフらしき人が、こなれた様子でチケットの案内をしてきました。

「はあ。やられた。」

タクシーのドライバーと、ここのボート乗り場はグルだったんですね。

1時間で3000バーツを提示してきます。2000バーツと書かれたチケットもあり、用意周到。

ありえない!!!高すぎる!ここで、払ってしまう人もたくさんいるんだろうな・・・。

私が「貸し切り1時間でも1000バーツしか払わない!メインの入り口に連れて行ってくれ!」と言っても、無駄でした。連れて行ってくれず、自力で歩いて行けば30分ほどかかって大変なので、渋々この乗り場からボートに乗ることにしました。

私がしつこく攻めまくるため、相手もおれて1時間1500バーツになりました。それでも高い!(怒)

挙げ句の果てに、乗らないならあっちへ行ってくれ!他のお客さんの邪魔になる!って他に誰もいないし!!!といった具合です(泣)

※エンジンボート1隻貸し切り で800バーツ〜1000バーツが相場です!

タイ人のカップル、グループであっても1隻あたり1時間1200バーツとのことですが、本当かどうか分かりません・・・。

乗り場によって、チケットの値段の交渉の余地に差があるようです。

南バスターミナルからのバス(片道80バーツ)で行ったとしても、高確率でぼったくりボートの乗り場に連れて行かれます。

そこで下ろされてチケット売りの人から、「ボートに乗らないと、マーケットには行けないよ」という決まり文句で、貸し切りボートを高額ですすめられるのです。

私たちが、連れて行かれた入り口はこのあたり。他にもいくつかぼったくりボート乗り場が存在します。

 

水上マーケットのあとに、象乗り体験をしに行く予定の場所「CHANG PUAK CHAMP」が近かったので、まあしょうがないね、ということになりましたが、しっかりと騙されているようで、空しい気持ちになりました。

行きたかった入り口付近は、このあたり。

 

後で、料金について色々と聞いたり調べてみました。

ボートの種類とおおよその料金相場

  • 手漕ぎボート乗り合い:1人100〜150バーツ
  • 船頭付き貸し切り手漕ぎボート(4人乗り)45分:400バーツ
  • エンジンボート貸し切り(約6人乗り)1時間:500バーツ〜1000バーツ

観光地なので、比較的に値段設定が高いことは理解できますが、2000バーツや3000バーツは高すぎます。

言われても払っちゃだめですよ!

船に乗りこむ

ここからで大丈夫?というような用水路の裏の方から船に乗りました。ゴミが散乱していて、汚いです。

もう!楽しもう!

と切り替えての出発です。真ん中のマーケットへ向かいます。

9時半頃に出発。午前中の風が気持ちいいです。

川は汚いですが、思っていたよりは臭くありませんでした。しぶきがかかってもいい服でいきましょう(笑)船は屋根付きで、椅子なども綺麗です。

移動中、ゆったりと時間が流れている日常も垣間見えます。

犬が寝ていたり、人の家の中が見えたりする中、さっそく売店がたくさんある水路に到着。

全然いらない。。。

両サイドにある店は、どれも似たり寄ったりです。

欲しいものがあったとしても、MBKやチャトチャックマーケットで買った方が絶対安いです。ここで無駄な値段交渉するのも体力と時間の無駄です。

売り子のお姉さんは、当たり前のようにして棒で我々のボートを引き寄せて、商品を見せてきます。

あはは〜いりません〜。マイアオカー(笑)

私たちはお土産に目もくれず、ボートはぐんぐん進みます。結構速い!

船頭さんもサッサと済ませたがっている様子。

一緒に行った2人の友達は初めてのタイなので楽しんでくれているようでした!

中心の市場でご飯タイム

ようやく一番賑わっている市場に到着しました。

ココナッツや、ココナッツアイスは食べたい!との事。船の上でゲット♪

ココナッツひとつ80バーツ。ちょっと小道に入ったところで買うと30バーツくらいなので、倍以上の値段設定ですが、甘みがあって美味しかったです。

ちなみに、田舎の方では15バーツで買えます♪

これも通常の約倍の値段ですが、観光地だと割り切って楽しむしかありませんね!

100バーツのソムタムをオーダー。手を上げたら、とまってくれます。

100バーツって、、笑

こんな感じで、作っているところを隣から見ることができます。

が!!!

おばちゃん!手!!!(笑)その色々触ってるであろう手で、トマトや野菜を切っていました・・・。

辛くしないでといっても、やはり少し辛い!というタイあるあるを友達に伝えられてよかったです(笑)味は美味しかったです!

水路脇の通路

船からおりて、川沿いの通路を歩いて散策することもできます。

貸し切りボートで来た場合は、買い物や食事が終わるまで待ってもらうことも可能でしょう。お土産屋さんばかりではなく、レストランもあります。

最初からここへ来ることが出来れば、ボートツアーのカウンターがいくつかあるので安くボートに乗ることができます。

水上マーケットの様子を、充分に写真におさめられますね!船で通過するだけだと、あっというまにマーケットから出てしまうので。

買いたい物をのせた船が来たら、合図を出してとめて、通路側から買うこともできます。水際で座って食事している人もたくさん居ました。

ツアーで行く?自力で行く?

①自力で完全プライベートで行った今回の料金

  • タクシー往復1500バーツ
  • エンジンボート貸し切り代1500バーツ

どちらも他のお客さんと一緒になることはなかったので、道中もマーケット散策中もたくさんおしゃべりできて楽しかったですが、「3000バーツ」。ちょっと高くついてしまいました。どちらも、1000バーツ以下で交渉できたはずです、2人の助けになることができず無念(泣)

それでも一人あたり1000バーツという計算ですので、ツアーで行くのとあまり値段は変わりません。

待つ時間は全くなく、移動はとてもスムーズでした。マーケット見学後は、近くの「Chang Puak Camp」という気軽に象に乗れる場所があったので、そこもタクシーで連れて行ってもらいました。

②最安値で行く方法を考察

  • 旧南バスターミナル(サイタイガオ/ Sai Tai Kao)からミニバンで行く(片道80バーツ)
  • 相乗りや、グループで船を貸し切り1人約100バーツでボートに乗る
  • ミニバンから降りた所からマーケットまでの移動費(数十バーツ)

300バーツ以内では済んでしまうことになりますね。10倍も違います。プライベート感は損なわれますが、時間に余裕があって、安く済ませたいという方にはこちらの方法をおすすめします。

③ツアーで行く

おおよそ1人あたり1000バーツ〜1600バーツほどで、ツアーがあります。

水上マーケットだけでよかったり、象乗り体験もしたい!という場合お得かもしれません。象乗り体験も、個人で行くと1人600バーツほどかかります。

移動に不安がある人は、ツアーをおすすめします。ホテルまで迎えに来てくれるのは嬉しいですし、日本語ガイドもあると色々と安心です。

>>本格的な象乗りアドベンチャー+水上マーケット(ダムヌンサドゥアック)便利な空港お迎えプランあり!<早朝空港発&午前ホテル発/日本語ガイド>

>>線路市場メークロン+水上マーケット(ダムヌンサドゥアック)<午前/日本語ガイド/タイラーメン昼食付>

私も次回、誰かを案内することがあれば大人数でない限りツアーを選ぶでしょう。むしろ、断然、あからさまに観光地化していないアンパワー水上マーケットの方に行きたいです。

>>夜の水上マーケット(アンパワー)+ホタル鑑賞ナイトクルーズ<金・土・日/午後/送迎/日本語ガイド>

他の人と一緒が嫌だったり、お土産屋さんに寄ったり、興味がない場所へ連れて行かれるのが嫌な人は、ちょっとリッチなバックパッカースタイルの方が楽しめるかもしれません。

値段はそんなに変わりませんし、冒険したい方は強気でタクシー貸し切りで行ってみるのも面白いですよ!

さいごに

やはり、観光客相手に商売をしている人達は険しいです。写真をとってもその表情に明らかです(悲)

しかし、ありのままのタイの生活やタイ人を知ることができると思います。

日本ではもちろん、バンコクでも見られない風景なので行く価値はあると感じます。朝早く出て(7時頃)、まだ混雑しないうち(10時前)にゆっくりと観光するといいのではないでしょうか。

個人的には、断然アンパワー水上マーケットの方がおすすめです!

ダムヌンサドゥアック水上マーケットの営業日時

月曜から日曜:朝7時頃〜昼13時頃まで

・バスで行く場合、旧南バスターミナル(Sai Tai Kao)へ朝8時頃に到着を目安に。タクシーに「サーイタイガオ」と伝える。

 

 

-バンコクから日帰り旅行
-,

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.