Language

BelarusianCatalanChineseDutchEnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanLatinRomanianRussianSpanishThaiVietnamese

http://nananavi.com

写真学 撮影のコツ

【基礎】絞り・F値とは?「ボケ」を理解してコントロールしよう

更新日:

こんにちは、@nanase_nananavi です。

今回はマニュアル設定で大事な「絞り/F値」について解説いたします。

「絞り」とは目でいうと瞳の部分です。カメラに入ってくる光の量を調節する部分です。

「F値」または「Fストップ」などとも言われ、Focal Number】のFから来ています。※Focal=焦点の、Focus=焦点

その「絞り値」の仕組みや、カメラでの設定について述べて行きます。

なぜF値でボケを作れるのか?

質問です、あなたはよく見えない時「目を細めたことがありますか?」

目が悪い方は、共感していただけると思いますが、メガネやコンタクトを外してよく見えない状態の時に、目を出来るだけ細くしてピントを合わせようとしたことが、きっとあると思います。

よく見ようとするときは、なぜか自然と目を細めてしまいますよね。そして何故か見えてしまうことに不思議な気持ちになります。

これはカメラも同じで、レンズの真ん中(目の真ん中)が一番、ハッキリと物を映し出すことができるんです。なので、その真ん中に光を集めピントを合わせ、綺麗な像を作っているんです!

そして、そのピントがあっていない部分が「ボケ」(被写界深度)になります。

最近のスマホでは、綺麗なボケ感を出せる高機能なものがたくさん出てきていますが、スマホの写真はやはり「ボケ風」という感じで、本気のカメラで撮るのと比べると、やはり差があるように感じられます。

では、どのようにしてボケ感をコントロールできるのでしょうか。

数値

レンズの仕様によって様々ですが、F値は「F1.4〜F32」まであります。

F値は「焦点距離÷レンズ口径」という計算で出されています。

 F1.4 F2 F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16 F22 F32
  • ボケを生かす→開放値〜F8
  • 全体的にピントを合わせる→F8〜F11

商品写真や景色などでピントが全面的に合っているものを、ディープフォーカスまたはパンフォーカスと呼ばれます。

比較

部屋の中、窓際での撮影のためISOは400に設定してあります。F2.8のレンズを一段上げて、F3.2から順にF値を上げていきながら撮影したものを並べてみます。

三脚に立てて「絞り優先モード(Av)」を選択。→カメラ側がベストなシャッタースピードを決めてくれます。

F3.2

後ろの猫ちゃんの表情は、あまり分かりませんね。

手前の猫の顔にピントを当てています。ボケが出ているとき、正確には「背景がボケている」のではなく、「焦点の周辺がボケている」のです。なので実は前の方もボケがかかるんですよ。

F5.0

こちらの方が、後ろの猫ちゃんの顔が何となく分かりますね。

F8.0

どうですか?F5.0と比べて、後ろの猫ちゃんの瞳の輪郭が分かるくらいになりました。

F18

はい、F18になるとだいぶ全体的に焦点があってきましたね。ホコリも写ってしまって恥ずかしい(笑)

F25

F25まで上げてみました。パッと見た感じのボケは、ありませんね。

 

明るいレンズとは?

絞りが最大に開かれている状態、言わば一番小さいF値の事を「開放値」といい、その値が低いほど明るく綺麗に撮ることができます。

一般的にはズームレンズでF値が2.8あれば、「明るいレンズ」と呼ばれ、良いレンズだという認識があります。単焦点レンズであれば、F2.0以下のものが明るいレンズです。

明るいレンズにはデメリットもあります。重い、大きい、値段が少々高いなど。

以前、14mm-24mmのF2.8の広角ズームレンズを使用していたときは、重くて持ち運びが大変でした!(笑)何より、値段が17万円ほどしました・・・。

その分、とても明るく大迫力の写真が撮れたので、後悔はしていません!

※単焦点レンズは、明るいレンズでも数万円もあればいいものが手に入ります。

レンズは、開放から12段絞ると解像力が高くなる特性があるので、開放値(F最小値)から少し絞って(F値を上げて)撮ると綺麗に撮ることができます。

解像力とは、細部をどこまで綺麗に正確に現すかということです。

ボケ感を出す以外に、F値を変えるもう一つの理由

それは、「ブレの防止」です!

シャッタースピードが速いほど、ブレが起きにくいことは理解できます。

しかし、シャッタースピードが速いという事は、カメラに光が充分に入って来ず、暗くなります。

ISO感度を上げることでも解消されますが、良い画質を保つためには、あまり上げたくない。という方は・・・

F値を小さくすることで「明るく」なり「シャッタースピードを速く」することが可能になり「ブレが起きにくい」撮影をすることができるのです。

ボケは作らず、全体的にピントを合わせる

背景写真など、奥の方まで全体的に焦点があっていることを「パンフォーカス」または「ディープフォーカス」と呼びます。

F8からF11がオススメです。

シャッタースピードが遅くなるので手で持つとブレてしまいがちです。三脚などを使い、リモコンやセルフタイマーなどでシャッターを切るとよいでしょう。

おわりに

ポイントとオススメの目安をまとめておきます。

F値を小さくし絞ってボケを生かして撮る(開放値~F6ほど)

  • ボケ感が強くなる
  • 画質が良くなる
  • 明るくなり、シャッタースピードを速くすることができる

F値を程よく絞る(F4-F8)

  • 開放値(一番小さいF値)より1段〜2段あげると、解像力が上がる(シャープになる)
  • 人物撮りや物撮りで、被写体をハッキリ印象付けたい時におすすめ

F値を大きくする(F8-F11)

  • 景色や、物撮りなどで写真全体にピントを合わせたい時など
  • スローシャッターとなるので、背景をぼかさず動きの流れを出したいときに最適

F値をさらに大きくすると(F11以上)

  • 画質が悪くなる
  • 暗くなるのでシャッタースピードを遅くしなければいけない
  • 朝焼けや夕焼けなどのやわらかい太陽光を撮ると、光の線が出る。

-写真学, 撮影のコツ
-

Copyright© nananavi.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.